うわっ…僕の年収、低すぎ…?介護職の給料2014年度

money
給料が安い職業の代名詞になってしまっている介護職
本当に介護職の給料は安いのか、僕が実際にいくらお給料をもらっているのかを赤裸々告白します!

僕のプロフィールは、介護職員基礎研修(現:実務者研修)の資格取得後、特別養護老人ホームに勤めて3年目です。
特に役職等はついておらず、平介護職員でございます。

諸手当、待遇について

諸手当

基本給に加えて、手当としては変則勤務手当、資格手当、住居手当、精進手当が合計で2.3万円と交通費が実費。
あとは超過勤務手当(残業)と夜勤手当(1回/0.5万円)ですね。

待遇

サービス残業はほとんどしていません。
休日は月/9日間きっちり休んでます。休日出勤はした事がありません。
有給は年間で5~8日ぐらいは使えてるかな。なかなか全部は消化できる雰囲気じゃないのが現状です。

これらをふまえて下記の金額をご覧ください。

2014年4月の給料

総支給額/22.7万円
手取り/18.4万円

この4月から基本給が0.8万円上がってこの金額です。特に役職についたわけではないんですけどね。
また、人手不足なユニットに移動になったので、今年度は夜勤と超勤が増えそうです。

2014年5月の給料

総支給額/24.0万円
手取り/19.7万円

5月は夜勤を6回もやった関係で先月よりもだいぶあがっていますね。

2014年6月の給料

総支給額/23.1万円
手取り/18.6万円

6月はやや超過勤務(残業)が多かった気がしますがまぁこんなもんでしょう。
これぐらいの金額が今年度の平均になりそうです。昨年度の平均が17.5万円ぐらいだったので1万円ぐらい上がりそうです。

2014年夏の賞与(+処遇改善金)

総支給額/38.3万円
手取り/29.6万円

夏のボーナスの中に、処遇改善金1年分として18.0万円ほど支給されていました。
ボーナスと一緒に支給されていたので、処遇改善金にも税金が取られていたのには腹が立ちましたけどね。
夏のボーナスは基本給1ヶ月分なんですが、査定が良かったみたいでいくらか上積みされていたのはうれしかったですね!

処遇改善金とは
介護職員処遇改善交付金の活用を!! – 厚生労働省

2014年7月の給料

総支給額/23.4万円
手取り/19.0万円

ほぼ先月並ですね。
さすがにこれだけ暑いと体力的にしんどい日が増えてきました。
それに加えて体調を崩すご利用者さんがいて普段よりも忙しい!8月を乗り切れるのか心配です…。

2014年8月の給料

総支給額/22.7万円
手取り/18.3万円

超過勤務が少なかったので8月はやや少なめですね。
まぁ、こんなもんでしょう。
ボーナスをもらってから辞めた人が多く、職員が結構入れ換わりましたね。
早く落ち着いてほしいです。

2014年9月の給料

総支給額/23.3万円
手取り/18.9万円

超過勤務が約10時間あって先月より微増ですね。
先日「介護職員15年度賃上げへ 政府、月1万円程度目指す」なんて記事が話題になりましたが、どうなるんでしょうか。
出来る事ならボーナスや手当ではなく基本給を上げてほしいです。

2014年10月の給料

総支給額/23.3万円
手取り/18.5万円

先月並ですね。夜勤5回と超過勤務数時間でこの金額です。
あれ手取り下がってる、保険料でも変わったのかしら。

2014年11月の給料

総支給額/21.8万円
手取り/17.1万円

1万円以上下がってますが、夜勤と超過勤務が少なかったからですね。
11月は超過勤務が2時間しかなかったです。もちろんサービス残業もなしですよ。
シフト勤務なので時間できっちり終われることが多いのが良いです。

2014年冬の賞与

総支給額/31.7万円
手取り/26.6万円

僕が勤めている施設の冬の賞与は、基本給の2ヶ月分です。
ただ、今回は稼働率が低下したとかで1.8ヶ月分に減額。マジで勘弁してほしい。

そもそも、この稼働率低下は職員の人員不足が主な要因で起こったもの。
人員不足の原因は施設側にあるし、現場の職員は今まで通り頑張っているのに給料を下げられている気がしてなんだか納得がいきません。
それに人員不足なんだから以前よりも人件費は浮いている気がするんですがねー。

2014年12月の給料

総支給額/22.8万円
手取り/18.5万円

今月は職員にインフルエンザが流行しちゃいまして、てんやわんや。
幸い、僕は罹らなかったのですがシワ寄せがもろに直撃しまして瀕死のまま新年を迎えましたが、もう現場も落ち着いて通常運転に戻りました。

今年もなんとかシフトに穴をあけずに1年を送ることが出来て良かったです。
来年も健康第一で1年間過ごせるように頑張っていきたいと思います。
介護職員が健康で元気に仕事をすることが、良い介護をする第一歩だと僕は思うんですよねー。

介護士4年目、2014年の年収

12月分の給与明細と一緒に「平成26年分 給与所得の源泉徴収票」が入っていました。
これを見ると2014年の僕の年収がわかるわけですねー。
2014年の年収は334万円でした!

そこまでひどい数字には思えませんが、問題は今後です。
勤続年数と共に年収が上がっていかないのがこの介護業界の平均年収が低い要因です。
なんとかそこを打破できるように将来を考えていきたいですねー。

2015年1月の給料

総支給額/22.7万円
手取り/18.0万円

今月は超過勤務が2時間と少なかったですね。
介護福祉士の試験を受験したこともあって疲労困憊です。
2月は28日間と少ないのに、休日は変わらず9日間なので体調を回復させたいです。

2015年2月の給料

総支給額/23.0万円
手取り/18.2万円

今月も超過勤務が3時間と少なかったですね。サービス残業もないので、時間通りに帰れるのはうれしいです。調子も上がってきました。
3月は介護福祉士試験の合格発表!無事合格していれば、資格手当でちょこっと給料が上がります。

2015年3月の給料

総支給額/24.1万円
手取り/19.3万円

今年度最後の給与支給です。
シフトの関係で夜勤が7回だったので先月より少し多いですね。

今年度も、自分自身大きな病気やけがもなく仕事が出来て良かったです。
4月は異動があるのと新しい職員が入るのとでバタバタしそうなので、気合入れていきたいと思います。

まとめ

就職して4年目の給料としてはやっぱり安いんですかね?
もっと身体に負担が少なくて給料がたくさんもらえる職種にステップアップできるように精進していきます。
いずれは転職も視野に入れていきたいですね。

介護士の転職サイト

介護業界でより良い給料や待遇を得るために転職したい人にオススメなのが介護専門の転職サイトです。転職サイトを活用して理想の職場を見つけましょう!

2015、16、17年の給料

2015年、2016年、2017年の給料も公開しています!
興味のある方は
ちょっとまて×2お兄さん、介護の給料安いですのん?介護福祉士の給料2015年度
待遇は改善されるのか?現役介護福祉士の給料・年収公開!【2016年度】
【2017年度】特養勤務、30代男性の介護福祉士(ユニットリーダー)の給料を公開します【随時更新】
をご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする(ご意見・ご感想はTwitter・Facebookからどうぞ)

フォローする

この記事を書いた人
ヒデ(@marukaigo)
30代、男性
ユニット型特養で働いてる介護福祉士
介護業界6年目、ユニットリーダーやってます
もう少し詳しいプロフィール

介護士の転職サイト比較ランキング トップ5

当サイト管理人「丸顔介護士ヒデ」が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介!
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

1位スマイルSUPPORT介護
有資格者向けのハイクラス求人多数!
2位かいご畑
未経験でも働きながら資格が取れる!
3位介護者求人の【MedFit】
高待遇な医療系の求人に強い!
4位ベネッセの介護士お仕事サポート
5位介護のお仕事

もっと詳しく知りたい方は「徹底比較、おすすめの介護専門の求人・転職サイトはこれだ!」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

介護の転職活動のコツに戻る
トップページに戻る