もう悩まない!人事考課での自己評価の書き方と個人目標の設定のコツ

人事考課を利用して給料アップ&スキルアップ

丸顔ヒデ
丸顔ヒデ
大変ですよねー、人事考課。

僕は特養でユニットリーダーをしているので、人事考課ではユニット職員を評価しています。
その反対に、上司に評価される立場でもあるので、両方の気持ちを理解しているつもりです。

自己評価は、自分の思っていることを素直に書くことが正解ではありません。
想いが伝わるように考えて書かなければいけません。

自己評価をどういう風に書いたらいいのかわからない、個人目標をどうやって決めたらいいのかわからない、といった相談にどう答えているのか、また、自分が書く時には、どんなことを意識しているのかをご紹介します。

人事考課の自己評価は実績をアピールする絶好の機会

まずは自己評価のお話から。

自己評価で何を書いたらいいのかわからない。というのは良くある悩みですね。
その原因のひとつが「なぜ人事考課や自己評価を行うのか理解できていない」ことです。
人事考課や自己評価を行う理由を理解して、どういう視点で自己評価を書いたら良いかを考えていきましょう。

人事考課の目的:実績を適切に評価して、給料の査定や人事異動の参考にする

人事考課は何のために行うのでしょうか?

人事評価または人事考課とは従業員の業務の遂行度、業績、能力を評価し、賃金や昇進等の人事施策に反映させる仕組みのこと。
出典 人事評価/wikipedia

人事考課は、給料を適切に払うためにあるといっても良いでしょう。

丸顔ヒデ
丸顔ヒデ
介護職員から見たら、給料を上げるチャンス!

どうやったら実績を評価してもらえるかを考えることが重要です。
今までやってきたことが評価されるわけですから「自己評価=自己アピール」と考えて、積極的な気持ちで自己評価を書いていきましょう。

自己評価の目的:上司と部下の能力の認識のズレをなくす

自己評価を書く職員は自己アピールの場と考えてよいのですが、それを評価をする上司は違った視点で見ます。
それは、部下自身の能力の認識と上司の評価がズレていないかを確認することです。

つまり、自己評価を盛ってもダメ、自己評価が低すぎるのもダメ。

丸顔ヒデ
丸顔ヒデ
自分自身の能力を正確に把握して書くと好印象です。

現状の正しい認識が適切な目標設定につながり、成長に結びつきます。
そして、最終的には企業の利益が上がることで給料がアップするわけです。

なぜ介護の仕事は給料が安いのか。6つの理由と給料を上げるためにやるべきこと
介護職員の給料は本当に低いのか、データをご紹介します。単純に、「介護士の給料を上げろ!」というのではなく、「なぜ介護の仕事は給料が安いのか」を冷静に考えたうえで、給料を上げる方法を考えるべきですね。

上司に喜ばれる自己評価の書き方

僕が、ユニット職員を評価する時にまず考えるのは「今期、この職員が頑張ってたことは何かなー」です。

丸顔ヒデ
丸顔ヒデ
頑張っている職員の評価を上げたい!

それを手助けする内容が自己評価に書かれていると嬉しいですね。

申し訳ないのですが、部下の頑張りの全てを把握できているわけじゃないんです。
こんなことを頑張りました、成長できました。ってことが書かれていると評価がしやすいです。

なので、僕が自分の自己評価を書く時は、アピールしたい項目をひたすら上げて、それを項目ごとに(無理やり)当てはめていく方法を取っています。
そして、やろうと思ったけどできなかったことや、失敗、改善が必要だなーって思っていることは、なぜ出来なかったのか、なぜミスしたのかといった理由と、どのように改善するのかを前向きに書いています。
そうすることで、マイナス面もプラスにとらえることができますからね。

自己評価を書かなくてはいけないタイミングでアピールすることがない。というのは、残念ながらもうどうしようもありません。
次回の自己評価で、たくさんアピールできるように日々の業務を頑張りましょう。

丸顔ヒデ
丸顔ヒデ
給料を上げたかったら、意地でもアピールポイントをひねり出してください(笑)

自己アピールのヒント

自己アピールをする際に、上司がどんな点を評価するのかを知っておけば書きやすくなるかも知れません。
上司の評価を上げよう!介護職の人事考課(査定)で見られるポイント」という記事で、僕がユニット職員を評価しているポイントをご紹介していますので、詳しくはそちらを読んでください。

上司からの評価を上げよう!介護職の人事考課(査定)で見られるポイント
介護士の人事考課でどこを評価しているのかをご紹介します。上司の査定に不満がある人は確認してみてください。評価を上げて少しでも多くボーナスをもらいましょう!

評価しているポイントは、大きく5項目ですね。

・成長したか(個人目標の達成度)
・キャリアに応じた能力を発揮しているか
・人為的な事故を起こさなかったか
・体調管理が出来ているか
・時間を守っているか

もう少し具体的に自己アピールの例として書くと、

・欠勤や遅刻、早退がなかった
・常に心身ともに健康な状態で業務にのぞむことができた
・提出物の期限を厳守した
・ヒヤリハットを毎月○件以上あげることができた
・○○というヒヤリハットに対して予防策を考え、実行したことで、リスクを回避することができた
・事故対応を他の職員と連携して素早く行い、すぐに予防策を立案することができた
・ご家族と信頼関係を築くことで、施設の行事に一緒に参加していただいた
・○○委員会の委員として、○○という取り組みを行い○○の実績をあげた
・新人職員の指導者として○○を意識的に行い、成長させることができた

といった感じでアピールすると良いかもしれません。

続いて、個人目標についてのお話です。
僕が評価をするうえで特に重要視していたのが「個人目標の達成度」です。
どうやったら良い目標設定ができて、さらにそれを達成することができるのかについて考えていきましょう。

評価されやすい目標設定のコツ


目標を達成できるかどうかは、目標を立てた時点でほとんど決まります。
それだけ目標設定が大事なんですよね。

良い目標の条件を知り、自分に合った目標を設定できるようになりましょう。

良い目標の条件を知ろう

良い目標の条件は以下の3つです。

・頑張れば達成することができる
・自分の能力や経験に合っている
・達成度が評価がしやすい

どうやったら評価をしてもらえるかという視点で目標を考えるわけですから、まず目標を達成できなければ意味がありません。
これなら達成できるだろうという目標を立てましょう。

ただ、あまりにも簡単な目標はNGです。
目標には、それを達成するために努力することで成長を促す目的があります。
自身の成長につながらないような目標は、達成したところで評価は上がりません。

そして、目標の達成度が評価しやすいことも重要です。
例えば、「優しい声掛けを増やす」という目標は良くありません。
まず、「優しい声掛け」が何なのかがわからないですよね。
声の大きさ?トーン?声を掛けるタイミング?
それを誰がどのように判断するのかが難しいです。
また、「増やす」というのも何回増やすのか、本当に増えているのかが評価しにくいです。

評価がしやすい目標なら、その目標を達成するための行動も明確になっているはずですよね。
求められる行動が明確なら努力もしやすくなるでしょう。

丸顔ヒデ
丸顔ヒデ
目標達成のコツは、達成できたイメージがわくような具体的な目標を立てることです

良い個人目標の具体的な例文

良い目標の具体例
目標設定の方法は、大きく分けて2種類あります。

①自分の得意なことや興味があることを目標にする
②自分のウイークポイント(弱点)の克服を目標にする

オススメは①の「自分の得意なことや興味があることを目標にする」ですね。
ポジティヴな気持ちで目標に取り組めるので成功率が高いです。

②の「自分のウイークポイント(弱点)の克服を目標にする」場合は、目標を達成した時により大きな成長を感じられます。

では、具体例に入っていきましょう。
自己アピールのヒントであげた項目は、個人目標にできるものが多いです。

・欠勤や遅刻、早退をしない
(・常に心身ともに健康な状態で業務にのぞむ)
・提出物の期限を守る
・ヒヤリハットを毎月○件以上あげる
(・ヒヤリハットに対して予防策を考え、実行することで、リスクを回避する)
(・事故対応を他の職員と連携して素早く行い、すぐに予防策を立案する)
(・ご家族と信頼関係を築くことで、施設の行事に一緒に参加していただく)
・○○委員会の委員として、○○という取り組みを行い○○の実績をあげる
・新人職員の指導者として○○を意識的に行い、成長させる

微妙なのは、カッコにいれました。
項目ごとに簡単に解説しますね。

欠勤や遅刻、早退をしない

僕が介護士に転職して一番最初に立てた目標がコレですね。
介護の仕事を始めたばかりの職員に最適な目標です。

体力的にも精神的にも負担の大きい介護の仕事は、体調管理が大切。
施設で働くなら変則勤務がほとんどなので、それにも慣れなければいけません。

健康管理も仕事のうち。
常に心身ともに健康な状態で仕事に臨むことができる職員は信頼されます。

目標達成度の評価も勤怠状況を確認するだけなので明確ですね。

提出物の期限を守る

時間(期限)を守ることは仕事の基本です。
多忙な業務の中で、何をいつまでにやったらよいか優先順位をつけたり、時間をねん出したりする工夫が出来るようになりましょう。

この目標も明確に評価できることが良いですね。
ただ、自分なりに最大限努力しても、どうしても期限が守れそうにない時がある場面も出てくるかもしれません。
そんな時は、それがわかった時点で早めに上司に相談しましょう。

実はこの目標、期限までに提出できない時のコミュニケーションの取り方で評価が決まるといっても過言ではありません。
ベストを尽くしても期限が守れない時は、業務改善が必要ですからね。
それは主に上司の仕事です。

ヒヤリハット(もしくは生活記録)を毎月○件以上あげる

リスク管理や情報共有に必要な、記録に関する目標です。

変化に気づき、記録を残すことはリスク管理への第一歩。
とにかく件数をたくさんあげることを目標にするのではなく、期間と件数を数字で表すのがポイントです。

件数は多すぎても少なすぎてもよくありません。
きちんと努力すれば達成できる最適な数字を自分自身で見極めましょう。

介護の仕事中に起こる事故やトラブルを予防する方法
ヒヤリハットをたくさんあげて、その対策を実行し続ける(組織力)と、それぞれの介護職員のリスク管理能力、介護技術を上げる(個人の能力)を向上させることで介護事故を予防することが出来ます。

○○委員会の委員として、○○という取り組みを行い○○の実績をあげる

業務改善や職員のスキルアップなど介護事業所全体にかかわる内容です。
目標達成の難易度は高いですが、成功できれば自分自身の大きなレベルアップと高い評価が得られるでしょう。

上司をはじめとした多くの人と協力しなければいけませんので、計画をしっかりと立ててコミュニケーションを取りながら進めていきましょう。

○○の研修に参加して、ミーティングでフィードバックする

介護技術や医療的な知識の向上など自身のスキルアップにつながる目標です。

目標設定の段階でどんな技術や知識を身に付けたいのかを明確にしましょう。
研修に参加するだけだと効果の測定が難しいので、内容のフィードバックまでをセットにして考えた方が良いです。
いつ研修を受けて、いつどこでフィードバックするか計画を立てるところからスタートですね。

悪い個人目標の具体的な例文

悪い目標の具体例
良い目標の条件として以下の3つを上げました。
その逆が悪い目標ということになります。

・頑張れば達成することができる
・自分の能力や経験に合っている
・達成度が評価がしやすい

簡単すぎる目標やとうてい達成できない目標は論外ですが、特に注意したいのが「達成度が評価がしやすいかどうか」という点。
どう評価したらいいかわからないような目標は、どう努力したら目標が達成できるのかが不明確なハズです。

丸顔ヒデ
丸顔ヒデ
その目標どうやって評価するの?
って目標はダメです

具体例を見ながら確認していきましょう。

ていねいな対応をする

介護の仕事では、ていねいに対応することはとても大切なことです。
でも、ていねいな対応って具体的にどんなことを指すのでしょうか。

声のかけ方なのか介護技術なのか、ご利用者様に対してなのかご家族に対してなのか、などいろいろ考えられます。
あいまいな目標なので評価をするのも難しいですね。

何をていねいにするのかを明確にして、目標をもっと具体化させる必要があるでしょう。

介護技術を向上させる

先ほどの目標より具体性がありますが、まだ抽象的です。

介護技術にもいろいろありますので、どんな技術を向上させるのかをはっきりさせましょう。
そして、どのような方法でその介護技術を向上させようとしているのかが重要です。

本を読む、動画を見る、研修に参加する、他の職員に教えてもらう、など様々な手段があります。
どのような方法を選ぶかで評価の方法も変わってくるでしょう。

さらにアドバイスするなら、アウトプットする場を設定できると最高です。
学んだことを最も効率的に身に付けるにはアウトプットが一番良い方法ですからね。

ミーティングなどが最適ですが、きちんとした場面でなくても良いと思います。
業務の隙間などで個人的に話したり実践して見せたりするのでも良いですね。
勉強した結果をアピールすることも大切ですよ。

まとめ

目標が達成できれば自己評価も書きやすくなります。
今の自分に最適な目標を設定して、目標を達成しましょう。

また、上司がどこを見てを評価しているのかを知ることも重要です。
上司からの評価を上げよう!介護職の人事考課(査定)で見られるポイント」で、僕が実際に人事考課で評価をする時に見ている点を紹介しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

丸顔ヒデ
丸顔ヒデ
自己評価や個人目標を「給料アップやスキルアップのチャンス」と前向きに考えることが、成功のコツですね。
上司からの評価を上げよう!介護職の人事考課(査定)で見られるポイント
介護士の人事考課でどこを評価しているのかをご紹介します。上司の査定に不満がある人は確認してみてください。評価を上げて少しでも多くボーナスをもらいましょう!
なぜ介護の仕事は給料が安いのか。6つの理由と給料を上げるためにやるべきこと
介護職員の給料は本当に低いのか、データをご紹介します。単純に、「介護士の給料を上げろ!」というのではなく、「なぜ介護の仕事は給料が安いのか」を冷静に考えたうえで、給料を上げる方法を考えるべきですね。