儲けやすい介護事業は何か「介護事業者の経営実態調査」を見てみる

介護事業には特養・老健などの施設、デイサービスのような通うもの、在宅で利用する訪問介護など様々な種類のサービスがあります。

どの事業が利益を上げているのか「介護事業経営実態調査|厚生労働省」について2014年10月4日の日経新聞朝刊の記事になっていましたので紹介します。

3年周期で行う介護事業者の経営実態調査

介護事業、偏る利益配分 新サービス参入の壁に」という記事ですね。
介護報酬の見直しに合わせて介護事業の経営状態を確認する「介護事業者の経営実態調査」
今回の結果を確認すると、事業の種類によって利益率が偏っているのではないかという内容です。

どの介護事業が利益を上げやすいのか

このグラフをご覧ください。

介護事業経営実態調査2014
通所介護(デイサービス)が圧倒的ですね。
パートさんを活用しやすい業種だからですかねー。訪問介護も同様の事が言えると思います。
それにデイサービスは1か所に利用者を集めて、大人数にまとめてサービスを提供できるので利益を上げやすいんだと思います。
でもたいがいデイサービスは給料安いですからねー。
経営者ががっぽり利益を持って行ってるんだと思います。

まあ、どの事業も軒並み高い利益率ではないでしょうか。
介護は給料が安いといった風潮を利用して、人件費が必要以上に抑えられている気がしてなりません。

在宅サービスの切り札「24時間巡回サービス」

2012年度に新設された「24時間巡回サービス」
24時間巡回サービスは、ホームヘルパーや看護師らが1日に複数回、利用者宅を訪れて食事や入浴、排せつを手伝ったり、健康状態を調べたりするものです。
利用者から連絡があれば、深夜や早朝でも駆けつけます。月々の定額制で回数制限はなく、在宅介護の切り札として導入されたサービスです。

この24時間巡回サービスの利益率は0.9%と他の業種に比べると非常に低いですね。
まだ業種として成熟していないというのが一番の理由かもしれませんが、24時間対応するために相当数の人材をそろえなければならないのも収益が上げにくい要因になっていることが考えられますね。

政府は高齢化に備え、施設から在宅介護へシフトチェンジしています。
しかし、訪問系サービスが充実してこないと、それも実現のしようがありません。

訪問系サービスの採算性が低いままだと大手企業などの参入が進まず、在宅介護を支えるサービスが不足してしまうでしょう。
2015年の介護報酬の改定では訪問系サービスの報酬増額があるのか、要注目ですね。
もし自分が転職する時に役立つように、利益の上げやすい業種を見極めていきたいと思います。

追記(2015年2月6日)

2015年4月から改定される介護報酬の内訳が決まり、予想通り通所介護(デイサービス)は減額になってしまいました。
詳細はこちらの記事「介護報酬改定マイナス2.27%の内訳が明らかに!ご利用者さんの重度化対応や在宅介護の充実などがこれからの時代のニーズ」をご覧ください。

関連する本

おすすめの関連記事

https://marukaigo.com/career-change-site/

2014年7月24日の日経新聞に『特養「黒字の蓄積」にメス 介護報酬見直し』という記事が掲載されました。(リンク先は電子版)...
https://marukaigo.com/care-business/

スポンサーリンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする(ご意見・ご感想はTwitter・Facebookからどうぞ)

フォローする

この記事を書いた人
ヒデ(@marukaigo)
30代、男性
ユニット型特養で働いてる介護福祉士
介護業界6年目、ユニットリーダーやってます
もう少し詳しいプロフィール

介護士の転職サイト比較ランキング トップ5

当サイト管理人「丸顔介護士ヒデ」が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介!
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

1位スマイルSUPPORT介護
有資格者向けのハイクラス求人多数!
2位かいご畑
未経験でも働きながら資格が取れる!
3位介護者求人の【MedFit】
高待遇な医療系の求人に強い!
4位ベネッセの介護士お仕事サポート
5位介護のお仕事

もっと詳しく知りたい方は「徹底比較、おすすめの介護専門の求人・転職サイトはこれだ!」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

介護の転職活動のコツに戻る
トップページに戻る