PR

入居者さんの訴えにそわない対応をする職員に疑問を感じています

記事内に広告が含まれています
質問者さん
質問者さん

質問です!

特養で働く介護士です。
ご利用者が食事をする場所(リビングやフロア等)に出てこられている場面で
「部屋で休みたい」
と訴えたとき、
「もう少しでご飯が来るから食べてから横になりましょう」
という職員がいますが、これってNGではないのでしょうか?
拘束というと大げさかもしれませんが、そのご利用者は自分で移動ができないので、実質その場所へ縛り付けているように思います。どうでしょうか?

丸顔ヒデ
丸顔ヒデ

回答します!

わたしも特養で働いています。
まず、NGかどうかと問われるとNGとは言い切れないと思います。
ただし、職員の業務の都合を優先した声掛けだなぁと感じますし、質問者さんもそのような思いがあるからこの質問が出たのだと想像できます。
その気持ちは大切にしていきたいですね。

わたしもできるだけ入居者さんの希望にそった対応をしたいと考えていますので、このパターンだと実際に休んでもらうこともあると思います。
業務を優先したい介護士が多いとそのような対応が常態化してしまうことがよくあります。よくないですよね。
ただし、利用者さんの希望に全て応えてしまうと業務が回らなくなってしまうことも事実としてあると思います。その辺は全体の状況を見てうまくバランスがとれるように判断をしていくのが良いのではないかと思います。

可能な限り、入居者さんの意向に沿った対応ができるような施設にしていきたいですね。

出典:Yahoo!知恵袋

丸顔ヒデ
丸顔ヒデ

入居者さんの意向と業務量の
バランスを取るのが難しい

丸顔ヒデ
丸顔ヒデ

みなさまからの質問を募集しています♪

・コメント欄 
お問い合わせ 
Twitter
 などからお気軽にご連絡ください♪

介護技術の質問
スポンサーリンク
記事がお役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!
介護の情報発信中!丸顔介護士ヒデをフォローする
この記事を書いた人

●ユニット型特養12年目
●課長(特養、ショート、デイ、居宅、包括)
●元ユニットリーダー、施設ケアマネ
●介護認定審査員、介護福祉士実習指導者、技能実習指導員
●介護福祉士、介護支援専門員

 »»プロフィール

介護の情報発信中!丸顔介護士ヒデをフォローする
丸顔介護士ヒデのまるかいご

コメント

タイトルとURLをコピーしました