新リーダーへアドバイス!ユニットリーダーの役割は責任を取ること

道しるべ
ユニット型の特別養護老人ホームで介護の仕事を始めてから6年目になりました。
4年目からはユニットリーダーをさせてもらっています。

リーダーになってからは苦労の連続で、日々悩みながら仕事を行っていましたね。

丸顔ヒデ
ユニットリーダーはマジで大変…。

そんな中でもリーダーになって3年目を迎えて、少しは自信を持てるようになってきました。

介護施設のユニットリーダーは具体的にどんな仕事をしているのか、ユニットリーダーとして何をを意識して仕事をしているのかを書いていきます。

ユニットケアとは何か。ユニットリーダーの役割は?

リーダーの仕事内容を理解しやすくするために、まずはユニット型の特養の特徴であるユニットケアについて簡単に説明します。

【ユニットケアとは】
「ユニットケア」の最大の特徴は、入居者個人のプライバシーが守られる「個室」と、他の入居者や介護スタッフと交流するための「居間」(共同生活室)があることです。入居者10人前後を一つの「ユニット」として位置づけ、各ユニットに固定配置された顔なじみの介護スタッフが、入居者の個性や生活リズムを尊重した暮らしをサポートします。
引用 日本ユニットケア推進センター

「入居者には、それぞれ個室がある」「入居者10人前後でひとつのユニット(グループ)」「介護スタッフも固定」あたりがポイントですね。
ユニットケアは、個別性を尊重したケアを行うことが大切にされています。

起きたい時に起きて寝たい時に寝るように、それぞれの入居者の生活リズムに合わせて、自宅で生活しているように過ごすことが出来たらイイですよね。
とはいえ施設での集団生活ですので限度はあります。どこまで入居者の意思を尊重できるかが介護士の腕の見せ所ですね。

そんな個別ケアが出来るユニット型(個室)ですが、コストが高いという問題点があるため賛否両論あります。

2014年9月1日の日経新聞朝刊にて「特養ホーム、個室化遅れ 相部屋、条件付き容認」という記事が目に留まりました。特養の個室化(...

ユニットリーダーの具体的な仕事内容

leader
ユニット型の施設では、各ユニットごとに4~6人程度の介護職員が配置され(人数はパートさんなどの割合によって多少前後します)、その介護職員をまとめるのがユニットリーダーです。

ユニットリーダーは、具体的に以下の仕事を行っています。

・現場には普通に入る
・ユニット入居者のリスク管理、ケア方法の見直し・決定
・ユニット行事の内容の確認
・ご家族とのカンファレンス(話し合い)への参加
・新規入居者の選定、実地調査
・新人職員の研修
・ユニット職員の人事考課、面談
・シフト表の作成、職員欠勤のシフト調整
・ユニット会議の内容決め、議事進行
・ケアプラン(モニタリング)に関する書類の確認
・リーダー会議、委員会などへの参加

仕事内容は施設によっても違いがありますので、参考程度にお考えください。

大きく分けると入居者に関することユニット職員に関することに分けられます。
その中で、僕が一番大事だと思っていることは「責任を取ること」です。

リーダーの最大の仕事は責任を取ること

ユニット内での事故を例に話をしていきますね。

リーダーの仕事でいうと「ユニット入居者のリスク管理、ケア方法の見直し・決定」です。
介護現場での事故予防は、常に取り組んでいく課題ですからね。

この記事は、前回の記事「介護の仕事は給料が安いのに責任が重い!業務中の事故で損害賠償を請求された事例をご紹介します」からの続きです。 よろ...

とある入居者さんが車イスから滑落して骨折してしまったと仮定しましょう。
その時に、ご家族や上司に、原因の説明や予防策は取っていたのか、今後の対応をどうするのかなどをきちんと話すことができるかどうかが大事です。

「責任を取る=根拠をもって説明できる」ことだと僕は考えます。

リーダーは決断の連続。何かあった時に理由を説明できるかどうか

リーダーには情報がどんどん集まってきます。
ここでいう情報とは入居者さんだけでなく、ユニット職員についてもですね。

介護現場での事故の原因は、入居者さんだけでなくユニット職員にある場合も多いです。
その情報を総合的に判断して事故を予防していく必要があります。

常にアンテナを張り巡らせていないといけません。

リーダーになりたての頃、決断の連続で、今までと全く違った感覚で仕事をすることになったのをよく覚えています。
それまでは困ったらリーダーに相談すれば良いって気持ちがありましたからね。
それが、逆の立場になると、かなりのプレッシャーになりました。
楽しかったですね、最初は(笑)

決断の責任を軽くする方法は相談すること

まあ、決断は憂鬱です。
決断をしたからには責任を負わなきゃいけないから。

でも、責任を軽くする方法があって、それは相談することです。
相談するだけで責任(気持ち)が軽くなるんですよね。

相談は、上司や看護師、相談員はもちろん、ご家族や後輩でも良いです。
後輩でも良いってのは、ちょっと意外かもしれませんね。

相談といっても

リーダー「Aさんの水分にトロミをつけようと思うんだけど」
後輩「そうですね、その方が良いですね」

というような軽い感じの提案でOKです。
自分だけで背負い込まないことが大事なので、話すことに意味があります。

ただ、相談にはスピード感が遅くなるデメリットもあるのでご注意を。
リーダーがビシッと決めて、すぐに実行していった方が良い場面もあると思います。

決断をそんなに重くとらえなくてもいい

リーダーを誰が決めるって、それは偉い人です。
だから失敗しても気にしない。

と、僕は考えます。
さすがに「気にしない」ってのは極端ですが、そこまで深刻に悩まなくても大丈夫。

ある程度は出来ると思われたからリーダーに選ばれたとも言えますよね。
自分が決めたことには自信を持ってOKです。

【おまけ】僕はリーダーとしてこんなことを意識してます

緑の公園
自分にとって、仕事はお金を稼ぐ手段って考えが大きくて、仕事のストレスは出来る限り減らしたい、楽をしたいと考えています。

快適に日々の仕事ができるように、こんなこと意識してます。

心地よい空間(ユニット)を作る

良いケアをするには、介護をする側の心に余裕がないといけません。
これが全てだと言っても良いです。

ユニット職員にどうやって落ち着いた気持ちで仕事をしてもらえるかをいつも考えています。

そのためには、まず自分がおだやかな気持ちで仕事をすることですね。
どういう気分で出勤できるかで、その日の仕事がうまくいくかは決まっていると思っています。

もともと気分の浮き沈みがない性格なのでラッキーでした。

時間厳守

先ほどの話にもつながるのですが、時間を守ることで気持ちの切り替えがスムーズになります。

特に気を使っているのは退勤の時間ですね。
出勤時間は守るのに退勤時間にはルーズな人が多いんですよね。
サービス残業は極力しないし、させません。

ルールを出来るだけ作らない

事故を防いだり、ケアの質を上げるために一番手っ取り早い方法はルールを作ることです。

でも、僕はルールを作ることが嫌いです。

ルールって一番レベルが低い人を基準に作られるので、仕事が出来る人の創造性をどんどん奪って行ってしまうんですよね。
それが好きではありません。

ルールを守って良いケアをするんじゃなくって、その場の判断力をつけてほしいんですよね。
まあ、自分がルールを覚えるのが苦手だ、めんどくさい、その場で判断したいってのがあるんですけど。

ユニットメンバーの信頼を得る方法

禅問答のようで申し訳ないのですが、ユニットメンバーの信頼を得る方法は、信頼を損なうことをしない。ということだと思います。

つまり、積み重ねしかないということ。

介護技術や医療的な知識が豊富なのも大事なのかもしれませんが、それよりも仕事に真摯に向き合う姿勢やユニット職員への気遣いなどを継続していくことで少しずつ信頼感は高まっていくのだと思います。

以上、余談でした。

まとめ

入居者さんにどうやって安全で穏やかに過ごしてもらうかは、まず初めに考えるべきことだと思います。

ユニットリーダーの役割は責任を取ることだと思うので、ひとつひとつの問題について相談しながら決断していくのが良いですね。
その経験を重ねていくうちに、自信がついて、ユニット職員どうしの信頼感も生まれていくでしょう。

スポンサーリンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする(ご意見・ご感想はTwitter・Facebookからどうぞ)

フォローする

この記事を書いた人
ヒデ(@marukaigo)
30代、男性
ユニット型特養で働いてる介護福祉士
介護業界6年目、ユニットリーダーやってます
もう少し詳しいプロフィール