やっぱり大企業はいいなあ「介護大手、相次ぎ賃上げ 深刻な人手不足に対処」

ビル
2015年4月から介護報酬が改定されることに伴って、介護業界の大手企業が相次いで賃上げを行なうと新聞の1面トップ記事になっていました。

介護大手、相次ぎ賃上げ 深刻な人手不足に対処:日本経済新聞 2015年3月31日

この新聞記事で僕が注目したのは「報酬改定分に上積み」「周辺スタッフも賃上げ」の2点です。

この賃上げは当然の動き

2015年度の介護報酬の改定で、介護職員の月給を1万2000円アップすることが出来る「処遇改善加算」が設けられました。

これによって今までよりも月給が上がる介護職員は多いと思いますが、ボーナスを減らされたりして総支給額は増えない可能性もあることを以前記事に書きました。

3年ごとに改定される介護報酬ですが、2015年度は改定年にあたります。 高齢化にともない増大する社会保障費の抑制のために、介護報酬の2...

ほとんどの介護業界の大手企業で賃上げが行われるようですね。
介護業界の大手企業との2015年度賃上げ状況

これは当然の流れです。
なぜかというと「処遇改善加算」は、企業の設備投資などには使うことが出来ず、賃上げにしか使えないお金だから。
なので上の表の「介護福祉士らの賃上げ」に〇が付くのは当たり前です。

もうひとつ「処遇改善加算」には縛りがあって、介護に直接かかわる介護士にしか対象とならないことです。
介護の計画(ケアプラン)を立てるケアマネージャー、介護施設の事務員などは対象になりません。

大手企業だからこそできる「報酬改定分に上積み」と「周辺スタッフも賃上げ」

それらを考えると表の「介護福祉士らの賃上げ」に◎がついている企業と「周辺スタッフも賃上げ」に〇が付いている企業は良いですね。
今回の介護報酬改定で得られるようになる資金以上の賃上げをするってことですからね。

どの業界も大企業の方が利益を上げやすいのは一緒で、介護業界も例外ではありません。
介護業界も、業績を安定させやすい大きな企業がたくさん育ってほしいと思います。
それが介護職員の利益(賃上げ)につながってくるわけですからね。

2015年度から、介護スタッフの月給を平均1万2000円上げる方針を決定したことに関連して「介護、官製賃上げに限界 政府、スタッフ待遇改...

また、介護福祉士の資格手当の増額も話題になっています。

2015年4月の介護報酬改定に伴って、介護業界大手のニチイ学館とベネッセスタイルケアが大幅に介護福祉士の資格手当を増額。介護福祉士の資格を持っている専門性の高い人材の囲い込みをしています。

まとめ

介護事業を行なっているのは、約9割が中小・零細事業者といわれています。
業界の再編はなかなか進みそうもないので、介護業界内で転職する時には待遇などと合わせて事業者の規模も選ぶ基準に入れる必要がありそうですね。

おすすめの関連記事

2017年4月から介護士の給料が月額1万円アップ?!2017年現在の処遇改善加算は、最高で月額2万7千円。それを、新たな区分を作って1万円増額されます。これで実際に介護職員の給料は上がるのでしょうか。
介護職員の給料は本当に低いのか、データをご紹介します。単純に、「介護士の給料を上げろ!」というのではなく、「なぜ介護の仕事は給料が安いのか」を冷静に考えたうえで、給料を上げる方法を考えるべきです。
介護業界でより良い給料や待遇を得るために転職したい人にオススメなのが介護専門の転職サイトです。転職サイトを活用して理想の職場を見つけましょう!
スポンサーリンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする(ご意見・ご感想はTwitter・Facebookからどうぞ)

フォローする

この記事を書いた人
ヒデ(@marukaigo)
30代、男性
ユニット型特養で働いてる介護福祉士
介護業界6年目、ユニットリーダーやってます
もう少し詳しいプロフィール

介護士の転職サイト比較ランキング トップ5

当サイト管理人「丸顔介護士ヒデ」が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介!
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

1位スマイルSUPPORT介護
有資格者向けのハイクラス求人多数!
2位かいご畑
未経験でも働きながら資格が取れる!
3位介護者求人の【MedFit】
高待遇な医療系の求人に強い!
4位ベネッセの介護士お仕事サポート
5位介護のお仕事

もっと詳しく知りたい方は「徹底比較、おすすめの介護専門の求人・転職サイトはこれだ!」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

介護の転職活動のコツに戻る
トップページに戻る