無資格はダメ?未経験者が介護士に転職する時に資格取得をオススメする3つの理由

マークシート
介護業界では未経験OKの求人が数多くあるように、介護の仕事に就くために必ずしも資格は必要なわけではありません。
しかし、長期的な視点で考えると資格は取ってから就職した方が良いと僕は考えます。

介護に関する資格はたくさんありますが、ここでいう資格とは「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」もしくは「実務者研修」のことです。
未経験者が介護職員になるために役に立つ資格は「介護職員初任者研修」もしくは「実務者研修」しかありませんし、採用する事業者もそれしか確認しないでしょう。

無資格よりも資格を取ってから就職した方が良い理由

僕自身も介護業界は完全な未経験だったところから、資格を取ってから就職しました。
今になって考えれば良い選択をしたなと思います。
自分の経験も踏まえて、その理由を3つお伝えします。

理由1「自立支援の考え方が学べる」

資格を取るためのカリキュラムとして様々なことを勉強しますが、最も大切だと思うのが「自立支援の考え方が学べる」ことです。

【自立支援とは】
被援助者自身が実現しようとする暮らしの様を目標像として自ら主体的に取り組むめるようサポートする

ちょっと難しい言葉ですね。
簡単に言い換えると「何でもかんでも手伝っちゃダメ」「自分で出来るようにうながす」「どうしてもできないところを手伝う」ってことです。
自立支援をすることで、介護者も介護される人にも大きなメリットがあります。

この「自立支援の考え方」は、介護をするうえで基本となるものなのですが、就職して現場にに入ってしまうと勉強することが難しいんですね。
やらなきゃいけないことがたくさんあるし、どんどん介助してしまった方が早く仕事が終わりますから。

それを資格を取得する過程で系統だてて勉強することが出来ます。

理由2「身体介護の基本が学べる」

何事も基本が大事なのは介護も一緒です。

車いすからベッドに移乗させたり、ベッドに寝ているご利用者さんの寝返りをしたりといった身体介護には基本があります。
コツと言い換えてもいいですね。

コツを知っていれば、自分もご利用者さんにとっても身体的な負担を減らすことが出来ます。
介護といえば腰痛というほど介護をする側も身体にダメージを受けてしまうことが多い仕事ですが、身体介護の基本を知っていればそれを軽減することができます。

もちろん個々の利用者さんで身体能力は違いますから、基本を学んだ上で応用していかなくてはいけませんが、それも基本をしっかりと学んでいればこそできることです。
未経験で現場に入った場合、そこで研修があるとは思いますが、個々の利用者さんの対応がメインになってしまいきちんとした基本を学ぶ時間はあまり取れないことが多いです。

「介護職員初任者研修」のスクーリングでは、この実技に多くの時間を使います。
研修生どおしでロールプレイしながら、実際に身体を使ってコツを理解することができますよ。

理由3「質の高い求人に応募できる」

介護士を募集する求人の要件で「介護福祉士のみ」と「未経験歓迎」のどちらがいい企業だと思いますか。
答えは「介護福祉士のみ」ですよね。

介護の同じ業態であっても、待遇や働きやすさは千差万別です。
とにかく人を集めたい「未経験歓迎」の求人を出しているところよりも、いい人材を集めようとしている「要資格」のところの方がよい企業である可能性は高いと思いませんか。

また、資格を持っているということは、きちんと勉強したという証明になるだけじゃなく、介護に真面目に取り組みたいという心意気を表すこともできますので、自分が希望する企業に就職できる可能性は高まります。

大手企業では資格保有者を厚遇して囲い込む動きも出てきています。

参考「介護大手企業が介護福祉士の賃金上げ 」介護業界全体に賃上げが波及するといいな

なぜ未経験OKの求人があるのか

良い人材を集めたいはずの介護業界の企業ですが、なぜ未経験OKの求人があるのでしょうか。

それは、とても単純で「とにかく人が足りないから」です。
育成コストを無視してでも人材が欲しい状況なんですね。

また、現場を回すだけの基本的な介護だったら、簡単な研修でも一応は戦力とすることが出来てしまうのが介護の仕事です。
本当は「未経験OK」なんて募集はしたくないところが多いはずです。

まとめ

働きながらでも資格を取ることはできますが、実際のところ日々の業務による疲れもあってなかなか難しいのが実情です。
しかも「自立支援の考え方」や「身体介護の基本」は理解できていなくても普段の仕事には支障がなかったりします。

介護の仕事が未経験でも「介護職員初任者研修」の資格は最短3週間から取得することが出来ます。
長く良い介護をしていくには大切なことが、資格を取得する過程で勉強できるので、資格を取得してからの就職をおすすめします。

【資格を取って転職を有利に進めよう】
○無資格はダメ?未経験者が介護士に転職する時に資格取得をオススメする3つの理由
給料アップ!未経験者が介護士に転職する時に有利な資格
介護の資格から考える介護士のキャリアプラン
初任者研修と実務者研修の違いはコレ!未経験者、経験者へのオススメは?
最安で大丈夫?最適な「初任者研修」「実務者研修」講座の選び方
【介護の転職活動のコツを知り、良い職場を見つけよう!】に戻る

スポンサーリンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする(ご意見・ご感想はTwitter・Facebookからどうぞ)

フォローする

この記事を書いた人
ヒデ(@marukaigo)
30代、男性
ユニット型特養で働いてる介護福祉士
介護業界6年目、ユニットリーダーやってます
もう少し詳しいプロフィール

介護士の転職サイト比較ランキング トップ5

当サイト管理人「丸顔介護士ヒデ」が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介!
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

1位スマイルSUPPORT介護
有資格者向けのハイクラス求人多数!
2位かいご畑
未経験でも働きながら資格が取れる!
3位介護者求人の【MedFit】
高待遇な医療系の求人に強い!
4位ベネッセの介護士お仕事サポート
5位介護のお仕事

もっと詳しく知りたい方は「徹底比較、おすすめの介護専門の求人・転職サイトはこれだ!」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

介護の転職活動のコツに戻る
トップページに戻る