介護の資格から考える介護士のキャリアプラン

計画
介護士として就職した後、どのようなキャリアプランが考えられるのか。
一般的な流れをご紹介します。

出世すれば仕事内容も変わり、基本的には年収もアップします。
ただし、責任が伴うのはもちろん、ストレスも増えます。
偉くなることだけが正解ではありませんので、自分に合った働き方をイメージしてもらえればと思います。

介護の資格とキャリアアップ

資格から介護業界でのキャリアを考えるとわかりやすいですね。
介護業界で働く際に重要な資格は以下の4つです。

  • 介護職員初任者研修
  • 実務者研修
  • 介護福祉士
  • 介護支援専門員(ケアマネージャー)

まずは、これらの資格から介護のキャリアを考えてみましょう。

参考 給料アップ!未経験者が介護士に転職する時に有利な資格

無資格、介護職員初任者研修、実務者研修は同じ?

現場で介護士として働く場合「無資格」「介護職員初任者研修」「実務者研修」は、ほとんど差がありません。
資格を持っていれば、資格手当がつく程度でしょうね。

ただし、介護士になるために「介護職員初任者研修」や「実務者研修」の資格が必要ないかといえば、そうではありません。
やれることが一緒というだけですからね。
これらの資格を取得して知識があったうえで業務に取り組んだ方が絶対に良いです。
また「実務者研修」は、「介護福祉士」の試験を受験するために必要な資格でもあります。
将来的なことを考えるなら、まず「実務者研修」の資格を取得するべきですね。

参考 無資格はダメ?未経験者が介護士に転職する時に資格取得をオススメする3つの理由
参考 初任者研修と実務者研修の違いはコレ!未経験者、経験者へのオススメは?

一応、介護の資格の流れとしては下の画像のようになっていますが、大切なのは現場での経験です。
介護の資格のルート図

3年間の実務経験を積めば、介護福祉士の資格にチャレンジすることが出来ます。

介護福祉士にレベルアップ

介護の資格の中で唯一の国家資格である介護福祉士。
受験資格に3年間の実務経験が求められることから、介護福祉士の資格を取得すれば、知識と経験がある介護士だという証明になります。

介護福祉士の資格があれば、今後20年は介護業界での仕事に困らないでしょう。
言い換えれば、介護業界内での転職に有利だということ。
大きく待遇を改善したいなら介護福祉士の資格は必須ですね。

僕自身の経験をお話しすると、上司から「ユニットリーダーになってもらいたいから、介護福祉士は絶対に受かって下さい。」と言われたことがあります。
うちの施設では『ユニットリーダは介護福祉士の資格所持者に限る』といった決まりは無いとは思うのですが、周りの職員を納得させる効果は多少なりともありますよね。

介護福祉士の資格は、ユニットリーダー、フロアリーダー、介護主任といった、介護現場でのリーダー的役割を担っていくには必要な資格だと思います。
介護福祉士の資格取得は、最初の目標としてはベストですね。

参考 最短で合格ゲット!介護福祉士試験の効率的な勉強方法を教えます

ただし、介護福祉士になったとして日々の仕事内容が変わるかといったら、何も変わらないと思います。
実際に、僕の同僚で誰が介護福祉士の資格所有者かって全然知らないんですよね。
いちいち聞いたりもしないし。

そういった意味では、ずーっと直接ご利用者さんとかかわる現場で仕事がしたいって人は、介護福祉士になる必要はないのかもしれません。
うちの職員さんでもいます。現場が好きって人。
それはそれで否定はしないし、ひとつの考え方ですよね。

それから、キャリアアップしたうえで、現場で働き続けたいってのもパターンとしてありますね。

介護支援専門員(ケアマネージャー)で仕事内容がガラッと変わる

介護福祉士の次のステップとして、「介護支援専門員(ケアマネージャー)」の資格があります。

資格を取得するために実務経験が最低でも5年は必要なのが「介護支援専門員(ケアマネージャー)」です。
「最低でも」と書いたのは、介護福祉士の資格を持っていない場合は実務経験が10年必要だからですね。

それだけケアマネの資格は、介護現場での経験が必要だということです。
なぜか。

「介護サービスのご利用者さん」「ご家族」「介護サービス」のそれぞれを結びつけることが、ケアマネの仕事だからです。

今までは、ご利用者さんと直接かかわることが仕事でした。
ケアマネは、現場から少し離れてサービスの調整役に回ります。
調整役ですから、当然、現場での状況をきちんと理解して把握しなければ仕事になりません。
だから実務経験が必要なんですね。

また、資格を取得したからといってすぐにケアマネの仕事ができるわけではありません。
仕事内容がガラッと変わるわけですからね。
施設の相談員や居宅介護支援事業所のケアマネージャーなどになって、初めてケアマネの仕事をすることが出来ます。

ここで、今の職場でそのポジションが空くのを待つか、転職を考えるかということになりますね。

まとめ

ざっくりとした介護の資格から考える介護士のキャリアプランの流れをまとめるとこんな↓感じです。

(未経験、初任者研修、実務者研修)
現場経験

(介護福祉士)

リーダー職…ならない場合もある

(介護支援専門員)
相談員、ケアマネージャー

管理者

未経験から介護士になる人は、まずは介護福祉士を目指しましょう。
その過程で実務経験を積みながら、どのようにステップアップしていくか考えるのがいいと思います。

【資格を取って転職を有利に進めよう】
無資格はダメ?未経験者が介護士に転職する時に資格取得をオススメする3つの理由
給料アップ!未経験者が介護士に転職する時に有利な資格
○介護の資格から考える介護士のキャリアプラン
初任者研修と実務者研修の違いはコレ!未経験者、経験者へのオススメは?
最安で大丈夫?最適な「初任者研修」「実務者研修」講座の選び方
【介護の転職活動のコツを知り、良い職場を見つけよう!】に戻る

スポンサーリンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする(ご意見・ご感想はTwitter・Facebookからどうぞ)

フォローする

この記事を書いた人
ヒデ(@marukaigo)
30代、男性
ユニット型特養で働いてる介護福祉士
介護業界6年目、ユニットリーダーやってます
もう少し詳しいプロフィール

介護士の転職サイト比較ランキング トップ5

当サイト管理人「丸顔介護士ヒデ」が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介!
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

1位スマイルSUPPORT介護
有資格者向けのハイクラス求人多数!
2位かいご畑
未経験でも働きながら資格が取れる!
3位介護者求人の【MedFit】
高待遇な医療系の求人に強い!
4位ベネッセの介護士お仕事サポート
5位介護のお仕事

もっと詳しく知りたい方は「徹底比較、おすすめの介護専門の求人・転職サイトはこれだ!」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

介護の転職活動のコツに戻る
トップページに戻る