ついに決定!介護職員の給料12,000円アップ、介護報酬は2.27%ダウン。これで給料は上がるのか【2015年度/介護報酬改定】

money201612
3年ごとに改定される介護報酬ですが、2015年度は改定年にあたります。

高齢化にともない増大する社会保障費の抑制のために、介護報酬の2.27%引き下げが決定した。

と、2015年1月10日の日経新聞朝刊の一面トップで記事になっていました。

介護報酬2.27%下げで決着 15年度予算案、大枠固まる 利用者・財政負担抑える/日経新聞

それに合わせて、人手不足である介護職員の処遇改善につながる給与の月額12,000円アップも決まりました。
これは介護施設で働く僕としては、素直にうれしいですね。

これで本当に給料は上がるのか?

今回の賃上げは、介護職員処遇改善加算の増額によって実現されます。

介護職員処遇改善加算は、すでに月額15,000円支給されていますので合計で27,000円になりますね。
月々支払われている施設もあるみたいですが、僕が勤務している特養では夏のボーナス時にまとめて支給されています。
僕がもらっている給料に興味がある人は「待遇は改善されるのか?現役介護福祉士の給料・年収公開!【2016年度】」をご覧くださいね。

「処遇改善加算ナニソレ?」な人は、勤務している施設や事業所が加算の要件を満たしていないのかもしれません。
そんな介護職員さんは、この増額でも給料は変わらないかも…。
偉い人に聞いてみましょう。

処遇改善加算の増額はうれしいのですが、僕はこの施策で全ての介護職員の給料が上がるとは思えません。
なぜなら事業者の収入にあたる介護報酬が全体で2.27%ダウンするからです。

ボーナスで調整される

介護報酬というのは、簡単に言うとサービス単価のことです。
介護事業者が介護サービスを行った時にもらえるお金は、介護報酬によって決まっています。

介護報酬がダウンすると介護事業者の収入が減ることになり、当然業績は下がります。
業績が下がった事でボーナスを減らす事業者は多いのではないでしょうか。
実際に僕も業績悪化のためボーナスが削減されました。(この時の原因は稼働率の低下でしたが。)

せっかく処遇改善手当で月12,000円増えても、ボーナスが減らされれば年収換算で給料が変わらないなんてことも起こります。
介護報酬のダウンにはそんなリスクも考えられます。

介護報酬2.27%下げの内訳は

介護報酬の2.27%ダウンは、どの業種も全て2.27%下げるわけではありません。
利益率の高い通所介護(デイサービス)や特別養護老人ホームは下げて、利益率の低い24時間地域巡回型サービスは上がると予想されます。

介護事業には特養・老健などの施設、デイサービスのような通うもの、在宅で利用する訪問介護など様々な種類のサービスがあります。どの事業が...

介護報酬改定の内訳が公表されたので記事を投稿しました

2015年4月から改定される介護報酬ですが、すでに全体で2.27%下げることが決まっています。 【参考】「ついに決定!介護職員の給料12,...

まとめ

これで本当に介護職員の給料が上がればいいのですが、なかなか一筋縄ではいかないですね。
介護職員の待遇は、事業所によって格差が広がっていきそうな気がします。

待遇が良く介護職員を大切にする事業所には人材が集まり、その結果良い介護が出来る。
そんな良い事業所を見極める眼も介護職員には必要なスキルになってきますね。

おすすめの関連記事

給料の良い介護事業者を探す時に、考えたいポイントのうちのひとつ。

2015年度から、介護スタッフの月給を平均1万2000円上げる方針を決定したことに関連して「介護、官製賃上げに限界 政府、スタッフ待遇改...

この介護報酬の改定で実際に介護職員の賃金がどうなったのか。
一定の効果があったようです。

2015年度の介護職員の月給の平均が28.7万円だったと新聞記事になっていました。 厚生労働省が30日発表した2015年度の介護職員の...

【追記】さらなる待遇改善も?「2017年度(平成29年)から月額平均1万円相当」の給料アップ

(2016年4月27日追記)
保育士の処遇改善に合わせて、介護士の賃上げも行うべきだと新聞記事になっていました。

政府・与党は2017年春から、保育士の賃金を月額で約1万2000円引き上げる方針を固めた。定期昇給制度を導入する保育所への助成金制度も新設する。介護職員の給与も月1万円程度引き上げる。
引用 保育士月給1.2万円増 政府・与党、17年春の定昇導入に助成金/2016年4月22日 日経新聞

安倍晋三首相は26日の1億総活躍社会に関する国民会議で、保育士と介護職員の賃金を来年度から引き上げる方針を表明した。平均月額で保育士は約6千円、介護職員は約1万円の上げ幅を想定。
引用 保育士6千円・介護職1万円 来年度に月給増、首相表明/2016年4月27日 朝日新聞デジタル

政府が2016年5月にまとめる「ニッポン1億総活躍プラン」に向けた提言案ということですね。
不足が深刻な介護職員を確保するために、次回の2018年度介護報酬改定を待たず、2017年の春から賃上げする可能性が高そうです。

どういう形で上げるのか(支給方法)、財源はどうするのか、などまだ決まっていないことが多いのでどうなるかはわかりませんが、首相の発言ですからどういった形であれ実現してくれるでしょう。
さらなる賃上げを期待して続報を待ちたいと思います。

【さらに追記】2017年4月から介護職員の給料が月額1万円アップ!?さらなる処遇改善の実現へ

(2017年2月17日追記)
上記の処遇改善が2017年4月から実現することになりました。
詳細は↓こちらの記事をご覧ください。

2017年4月から介護士の給料が月額1万円アップ?!2017年現在の処遇改善加算は、最高で月額2万7千円。それを、新たな区分を作って1万円増額されます。これで実際に介護職員の給料は上がるのでしょうか。
スポンサーリンク
スポンサード リンク
スポンサード リンク

シェアする(ご意見・ご感想はTwitter・Facebookからどうぞ)

フォローする

この記事を書いた人
ヒデ(@marukaigo)
30代、男性
ユニット型特養で働いてる介護福祉士
介護業界6年目、ユニットリーダーやってます
もう少し詳しいプロフィール

介護士の転職サイト比較ランキング トップ5

当サイト管理人「丸顔介護士ヒデ」が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介!
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

1位スマイルSUPPORT介護
有資格者向けのハイクラス求人多数!
2位かいご畑
未経験でも働きながら資格が取れる!
3位介護者求人の【MedFit】
高待遇な医療系の求人に強い!
4位ベネッセの介護士お仕事サポート
5位介護のお仕事

もっと詳しく知りたい方は「徹底比較、おすすめの介護専門の求人・転職サイトはこれだ!」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

介護の転職活動のコツに戻る
トップページに戻る